--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.1002:09

徒然なるままに書き記すなり♪

お疲れ様です。週2回の休みって最高だと改めて実感したHumin@です。
今日は休みだったので、一日中本を読んでダラダラしたのでその本について書こうと思います。読んだ本のレポートを書けるとは、なんかマジでブログらしいですねw

題名は「Unityでゲーム開発者になる本」です。
ここでもゲーム開発関係かよと落胆しないでくださいねwww

こういう知識の蓄積が色んなところで生きてくると信じているので、休みの日でも制作や創作に関する本はよく読んでいます。ちなみに先々週に読んだ本は、「ハッカーの手口」という本でした。さらに「アニメーションの本」、「背景CGテクニックガイド」など、世の中には自分のためになる本がたくさんあります^^♪

さて話を戻しますが、今日読んだ本についてです。
別に今回の開発環境はUnityではないのですが、今後の3Dゲーム開発のきっかけになればと今日から勉強を始めました。

この本の最大の特徴は、その読みにくさにありますwwwww
もともと外国の方が書かれた本なので、それを翻訳した内容になっているんですが、
専門用語が多すぎてか知らないですが、翻訳会社が直訳したり英単語をそのまま使っていたりするので、日本語がしっちゃかめっちゃかなっていて凄く読む側を苦労させる本です。あと日本のゲームではなく、海外のゲーム史を中心に語っている本なので、多少考え方が違う部分もあったりしますが、市場やゲ-ム開発で分析した内容は概ね正しいと感じました。実際の指導内容に関しては、本当に丁寧に一つ一つ教えていただけるので初心者の私としてはとても助かっています。

Unityを実際に触って実感したのは、プログラマー専用のソフトというよりは、グラフィッカーでも触れるぐらい非常に敷居の低いソフトだということです。プログラムやスクリプトをかじったことのある人間なら誰でもわかりますし、プログラムの知識がなくても3Dの知識さえあればある程度のゲーム環境のビルドはできるのが非常に優れているなぁと思います。

とりあえず私の目標は来週中には「上巻」を読み終えて、「下巻」に入ることです。
「下巻」では実際にゲーム作成まで踏み込むらしいので、丸々一本ゲームを作る体験ができそうです。

私は個人的に、3Dよりも2Dの方に可能性や魅力を感じている人間なのですが、3Dをより知っていくことで2Dのよさも今以上に知ることができるのではないかと思っています。何事も経験と努力ですねw

また今日は夕方から大学の友達と4件ぐらいハシゴして飲み明かしました。
いつもは休日のみ発泡酒1缶と決めているので、久しぶりに飲む生ビールや日本酒やワインはやはり最高でした^^

個人的には発泡酒はAsahiで、ビールはエビスですかね。
次の旅行は東北にでも行こうかと話しつつ今日の飲み会も終わりました。

また明日からがんばろう
オツカレェー

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
【自己紹介】
ゲーム制作プロダクションI.SUの代表をしている井上と申します。Humin@(フミナ)という名前で活動しています。

【Production I.SUとは】
当プロダクションではオリジナルゲームの制作・販売をしています
現在は『銀河怪盗フィルチャーリップス』のシリーズ作を製作中♪

【趣味・好物】
ビール、アイドル研究、小旅行、寝ながら読書、ものまね

【ホームページ】
http://production-isu.com/

【ツイッター】
@production_isu

humin@

FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。